【コラム】赤ちゃんにまつわる行事

スポンサーリンク

赤ちゃんが誕生すると、色々な行事があります。どれもこれも、赤ちゃんの健やかな成長を願うものです。

赤ちゃんの行事が分からない
サイトによって色々書いてあって結局どうしたらいいのか分からない
服装は?正装するの?
結局先輩ママはどうやったの?実用的な観点が知りたい

こちらでコンパクトにざっくりとご紹介します。

伝統的な意味やしきたりを知りたい方には、この記事は向きません。ものすごくざっくりで、実用的です。

生後7日目・お七夜

お七夜ってざっくりどんなの?

命名式。赤ちゃんが産まれた日から7日目に行う。

その家庭のありかたや地域によって様々だが、親戚が押しかけてどんちゃん騒ぎをすることもあれば、夫婦だけでひっそりやることも。

といっても、特にすることはない。赤ちゃんの名前を書いた半紙を枕元に置いて写真を撮るくらい。その後半紙は、そのまま赤ちゃんの枕元の壁に貼ったり、実家の神棚から吊るされたりと、これまた家庭による。

生後7日のママはとてもまだ復調していないため、無理をしない範囲でやりたい。

7日で名前が決まらない場合は?

また、7日目でまだ名前が決まらないパターンもある。その場合は、7日目にこだわらず、名前が決まった時点で、半紙を枕元に置き、写真を撮れば良い。

我が家のお七夜
私は帝王切開で、7日目はまだ入院中でした。病室で夫と二人きり、命名紙を枕元に置いて、写真を撮りました。

生後30日頃・初宮参り

初宮参りってざっくりどんなの?

赤ちゃんの誕生を、氏神様に報告する。ざっくり簡単に言えば、赤ちゃんと神社へ行ってお参りをする。

普通にお参りだけで済ましても良いし、宮司さんに祝詞をあげてもらっても良い。

初宮参りの時期

男児は31日目、女児は32日目と言われるが、現代の家庭のありかたとしてそこまでこだわらなくても良い。だいたい1ヶ月過ぎたくらいの、夫婦が無理せず外出できる日にスケジューリング。

その頃が、七五三の頃(11月)や、お正月に当たる場合は、後ろへずらしたほうが無難。

祖父母は初宮参りに参加する?

夫の母も参列し、夫の母が赤ちゃんを抱くという風習がある。これもあまり現代的ではないが、親世代では意識が根強い場合も。夫の両親の考え方や世代によるが、初宮参りの相談を事前にしておいたほうが無難。

初宮参りはどこの神社へ行くべきか

氏神様といっても、現代では地域の氏神様にこだわりがあまりない場合もある。よく分からない場合は、いつも初詣へ行く神社で良い。

初詣も行かない場合は、地域で一番有名で、初詣客が多そうな神社でOK。お寺と間違えないようにだけ、注意。

初宮参りの服装

服装は、和服、洋服どちらでも良いが、和服はかなり少ない傾向にある。

洋服の場合は、ラフ過ぎないくらいに(第一礼装とまではいかないものの、ブラウスかジャケットに、きちんとめのスカートくらい。授業参観レベル)

赤ちゃんの祝着は、写真スタジオを予約すると無料でレンタルできる場合もある。赤ちゃんの服装にこだわりたい場合は、そういったレンタルも検討すると良い。


我が家の初宮参り
うちは男児ですが、ちょうど31日目が週末だったため、その日に行きました。祝詞もあげてほしかったので、その場でお願いしました。ちなみに奉納金は5000円(破魔矢などのお土産付き)でした。服装は、私も夫もスーツ、赤ちゃんはコンビ肌着に写真スタジオでレンタルした祝着をかぶせていました。

ちょうど同じように初宮参りの家族が4組ほどいましたが、セレモニードレスを着ている赤ちゃんが一人で、あとは普段着でした。両親も、スーツから普段着までさまざま。祖父母もいるのは2組。赤ちゃんの抱っこ役は、パパかママでした。

11月に行ってしまったため、七五三とみごとにぶつかり、神社はすごく混みあっていました。ただ、七五三の子どもたちの衣装がとてもかわいかったので、その時期に行ったことを後悔はしていいません(笑)

生後100日頃・お食い初め

お食い初めってざっくりどんなの?

赤ちゃんが一生食べ物に困らないようにと願う祝い事。お赤飯や鯛の尾頭付きを赤ちゃんに食べさせるフリをする儀式。

まだ赤ちゃんはなにも食べられないので、食べさせるフリとなる。食器や料理、食べる順番にはそれぞれ決まりがあり、さまざまな願いが込められている。基本的にはその場にいる人物の中で最年長の者が、赤ちゃんに膳を食べさせる(祖父母が出席していれば、両親ではなく祖父母のどちらかになる)。

お食い初めでは何を食べさせる?

最近では、↓このようなセットを通販で買うこともできる。

家庭や、料理の腕、やる気などで、やり方はさまざま。

  • 専用の食器を買って、中身は自分で1から作る
  • 中身は自分で作るが、食器は将来使う離乳食用の食器を使う
  • 買ってきた中身を、離乳食用の食器で食べさせる
  • 外食(ちょっとした和食の高級店)で行う

などのパターンがある。初めて食べさせる料理なので(食べないけれど)、気合を入れる人もいれば、儀式と割り切る人もいる。また、祖父母との距離感により、夫婦だけで行うか、祖父母(や親せき)が同席するかもある。

お食い初めの服装

服装は、正装よりがよいが、これもさまざま。家で夫婦のみで行う場合は、服装にそこまでこだわる必要はない。パジャマ以外だったら何でもよい。

もし、袴ロンパースなどのセレモニー衣装を買ってある場合は、もちろんそれを着せると良い。

我が家のお食い初め
作るのは大変そうだと思ったので、近くのカニ料理店を予約しました。3000円くらいだったかと記憶しています。

仲居さんがついてくれて、食べる順番を教えてくれたので、その通りにできて楽でした。その後、赤ちゃんは寝かせ、夫婦で食事をしました。鯛は持ち帰りができたため、翌日に鯛めしにして美味しくいただきました。

生後6ヶ月・ハーフバースデー

最近聞くようになった行事。赤ちゃんの6ヶ月を祝う。特に伝統行事ではないので、やり方は人それぞれ。

記念撮影や、凝った盛り付けの離乳食などで祝う場合が多い。

初節句

初節句ってざっくりどんなの?

初めて迎える節句を祝う。男児は5/5の子どもの日、女児は3/3のひな祭りの日。

ただし、赤ちゃんがあまりに小さい状態で迎えてしまう場合(0~2ヶ月くらい?)は、翌年に延ばしても良い。
(4月生まれの男の子だとすぐに5/5になってしまうため、0歳の時は何もせず、翌年に兜を買ってお祝いする)

これももまた、祖父母や親せきで祝い事をする場合もあるし、夫婦だけで祝う場合ある。

いつから初節句用の飾りを用意する?

だいたい節句の2ヶ月前くらいから、男児は兜(や鎧、鯉のぼりなど)、女児はひな人形を買う。最近は、↓こういったかわいい飾りもある。

予算はざっくり5~10万円くらい。節句の1ヶ月前ほど前から飾りを出すため、2ヶ月以上前から購入を検討する。

飾りは地域性があるため、近くの人形店を回って、様子を見るのがおすすめ。

妻側の親が用意するのが伝統のようだが、これも現代では曖昧。お金のみ妻側の両親が用意する場合や、両家で折半する場合や、夫側の親がフライングで買ってしまう場合など色々。

買う前に祖父母の出方を聞き、それぞれが納得する形で買うのが良い。

1歳・誕生日

初めての誕生日。誕生日の祝い方は人それぞれ。プレゼントをあげる、ケーキを食べさせるなど。

一升餅

一升餅を赤ちゃんに背負わせる伝統儀式。一生、食べ物に困らないようにという願いをこめたもの。風呂敷で包んだ2kgほどの一升餅を、赤ちゃんに背負わせるのが一般的。

最近では小分けになったお餅を、リュックに入れる場合も。

地域によって、お餅を踏んだり、そもそもそんな儀式がなかったりとさまざま。

カード選び取り

筆やそろばんなどのイラストが描かれたカードを赤ちゃんの周囲に並べ、選んだ内容によって将来の職業や適性を占うもの。

筆を選んだなら、物書きや画家など筆を使う職業に。そろばんを選んだなら商売上手になる、など。あくまで占いの域を出ていないため、誕生日に家族で楽しむゲームとして楽しむスタンスが良い。

カードの内容は、他にもさまざまなものがあり、通販で買ったり、ダウンロードしたものを印刷したり、自分で作ったりできる。

1歳以降の行事

誕生日をのぞけば、七五三までしばらくない。

七五三は、

男児:3歳・5歳
女児:3歳・7歳

で行うのが一般的。

古くは数え年でやっていたが、満年齢で考えて良い。きょうだいがいる場合は、きょうだいでスケジュールを合わせてしまう場合も。また女児でも5歳を祝うなど、あまりこだわりがなくなってきている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました